出会い系おすすめ

出会い系攻略法

スムーズな女性関係構築

スムーズな女性関係構築の評価・口コミ

こうすれば、スムーズな女性関係構築。     という話をします。     なんだかなー。 あの女、頭おかしんじゃね? あいつは、常識が無い。 世の中バカばっかりだ。   なんて思いながら生きている 人は多いようです。 お話を聞かせてもらっていると そういったキーワードを 至る所から聞きます。   なんで、そんなに世の中。 おかしい人ばかりなのか。 そう感じて生きているかも しれませんし、自分にぴったりと マッチした、理想の彼女なんて どこを探してもいないように感じて しまう事も多いでしょう。     でも。 まあ、変な女性が多いとか。 おかしいと思ってしまう事が 多々あっても、それは、しゃーない 事であって。   どんな人でも、自分の考えを 基本として生きているわけです。 自分の中のルール。 これが、正しい世界の中で生きています。   だから、それは、他人からみれば 非常識な世界なわけです。 あなたからみて。 「あの女、頭おかしんじゃね?」 と思ったとしても、逆にその 女性から見たら 「あの男、頭おかしい。」 と思われている可能性は、大なわけです。   そんなんですから、男女の擦れ違いは なくなりませんし、人間同士の 摩擦は、日常にあふれます。   皆、言い方を変えれば、自分の世界に 生きているわけです。 皆、自己中なわけですね。 自分ナンバー1なんですね。  …

スムーズな女性関係構築詳細ボタン


ナンパ誌のメルマガ

ナンパ誌のメルマガの評価・口コミ

ナンパというと、やったことがない方の多くは、 「本当にうまくいくのか?」 と思うものですよね。 今日は、あるナンパ師さんの話しをします。 この方は、私より年上の方なんですが、 「生まれて始めての声かけで、かわいい子を即ゲットした」 という経験をお持ちです。 即ゲット、つまり声をかけたその日にエッチまでいくことですね。 生まれて始めての声かけで即ゲット、というのは、私は他にあまり聞いたことがないです。 その体験談が印象深くて、私はよく覚えているんですが、 飲み会か何かの帰りに、公園でかわいい子を見かけたそうなんです。 けっこうかわいい子で、待ち合わせには見えない。 「かわいいな、声かけてみようかな、どうしようかな・・・」 と迷いながら、公園のまわりをウロウロと何周も歩いたそうなんです。 迷ったあげく、意を決して声をかけたそうです。 その声かけの言葉は、 「あのー、ちょっとすいません」 という第一声だったそうです。 だいぶ、平凡な声かけですよね(笑) でも、そのままその子とうまくいって、 カラオケ⇒ホテル というコースで即ゲットをしたそうです。 しかも、その子は、男性経験がゼロだったそうなんですよね。 ここまで運がいい人もめずらしいな、と思って、私は印象に残りました。 それ以来、この方はすっかりナンパにハマってしまい、 たくさんの子をゲットして、彼女もつくっていました。 まあ、これはちょっと特殊なケースです。 「生まれて始めての声かけで、かわいい子を即ゲット」 というのは、正直、そんなにあることではないです。 なかなかめずらしい、ラッキーなことですよね。 それよりもこの話しでお伝えしたいのは、 「声をかけるか、かけないかの違いは大きい」 っていうことなんですね。 公園でヒマそうにしてる子を見つけたとして、声をかけますか? 声をかけないのが、普通ですよね。 「声かけても、そんなうまくいかないだろう」 「なんていって声かけていいかわからないし」 というような理由で、声をかけずに見すごしますよね。 それはまったく普通のことです。 ただ、実はそれがチャンスだったかもしれないんですよね。 もし、 「なんて言っていいかわからないけど、とりあえず声かけてみるか」 という行動にでたら、嬉しい驚きがあるかもしれません。 合コンに行ったり、出会いのパーティーに行ったりするのも、とても前向きなことですが、 実は身近なところで、繰り返し出会いのチャンスが訪れているんです。 声かけができるようになってくると、合コンとかクラブとか、行かなくなってくるんですよ(笑) 普通にナンパをしたほうが、速くて効率がいい出会いの方法だからですね。 彼女をつくる方法としても、優れています。 若くて好みの子を、最初から目で見て選べるからですね。 「ちゃんと準備しておいて、いいなと感じた子に声をかける」 というこの習慣ができれば、 女の子をゲットして彼女にするのに、もう半分以上は進んだ、 と言ってもいいすぎではないと私は考えています。 声をかけるのは出発点、というのは、あまり正確な表現ではないです。 もっと正確に言うと、…

ナンパ誌のメルマガ詳細ボタン


初心者のナンパ

初心者のナンパの評価・口コミ

どんな分野でもそうですが 物事には原則的なパターンが存在します。 恋愛も決して例外ではなく 女を落とせるパターンや 逆に振られるパターンなどが、 法則的に繰り返されています。 今回はうまくいく恋愛と撃沈する恋愛の違い と題してその秘密に迫ろうとおもいます。 ■ 男が女を落とすには 先ほども申し上げたとおり 一定の原則が存在します。 時系列にこれを大まかに述べると 1、男 ⇒女に自分のキャラを知らせる 女 ⇒どんな男なのかを知り 警戒心がなくなる 2.男 ⇒ 女の話を聞き包容性をアピールする 女 ⇒ 男のやさしさに触れ好意が高まる 3.男⇒メールの返信を遅らせたり わざとそっけない態度を取る 女⇒男が自分をどう思っているのか気になり 同時に不安になる 4.男⇒2と3を繰り返し女を揺さぶる 女⇒男のやさしさに安心しつつも、 冷たい態度を受け、一喜一憂する 5.男⇒自分の好意を明らかにし落とす 女⇒それまで揺さぶられた反動で 女の好意が一気に高まり男を好きになる 以上のような流れになります。 ■やさしくしただけではモテない 女を落とすには、 やさしくする、褒めるなど、 女を満足させてあげることが確かに大切です。 しかしだからといって、 やさしくしているだけでは女は落とせません。 何の変化もなしに ただずっとやさしくしてばかりいると、 いつの間にかイイ人が完成してしまい、 女を揺さぶることができない 致命的な状態に陥ります。 これではいつまでたっても 女の好意を上げることができないのです。 女を落とすにはやさしくすることプラス あえて不安にさせることが必要です。 一部例外的に 女の好意が初対面の段階で非常に高かった場合は やさしくしただけで落とせますが、 女は基本的にゆっくり時間をかけて…

初心者のナンパ詳細ボタン


女性の好意を頂かせる

女性の好意を頂かせるの評価・口コミ

女が好意を持つ男性像として よくあるアンケートを見ると 女の話を聞いてくれる 女にやさしくしてくれる たくさん褒めてくれる などとまるでイイ人であればモテるかのような 結果があります。 しかし現実的にイイ人がモテるかというと それは全くの逆で、 むしろイイ人になればなるほど 女は離れていくという展開になります。 一方、どこからどう見ても イイ人などではないのに、 なぜかモテてしまう男もいる、 という事実もあります。 この差は何なのか? 詳しく述べて活きたいと思います。 ■ 例えばデートに誘い、女が断った場合、 それに対してどうリアクションするかで、 その後の展開が全く違ったものになります。 まさにこういう場面でイイ人とモテる男では 決定的に差が出るのです。 例えば、イイ人の場合は、女に断られたときに、 「そうなんだ。うんうん、全然いいよ?。」 などという返しをしがちですが これは完全にNGです。 全然いいよ?。と言ってる時点で 過剰な反応は基本的にウソを連想させるため 全然良くない、という本音が透けて見えてしまいます。 一方、モテる男の場合は、 「は?なんだよ、ヒマじゃねえのかよ。」 というように後手に周らず 正直に自分の感情を出します。 一見不思議に思われるかもしれませんが これが正解です。 そしてモテる男の場合は 一度断られても、またどんどん誘いに出ます。 このズケズケ踏み込むやり方というか 何回断られても まるで何事もなかったように また誘いに行く、 まさにこういったところに 女はその男の強さを感じるのです。 ■ もちろん女の好意を高めるためには 女を喜ばせたり 女の気持ちに沿うことも必要です。 しかし本当に大切なのは、 やさしさが必要なときなのかどうか、 それを見極める、ということです。 見極める、といっても それはたいして難しいことではなく 女がやさしさを欲しているとき、 そういうタイミングのみ…

女性の好意を頂かせる詳細ボタン


出逢いを増やす事が大事

出逢いを増やす事が大事の評価・口コミ

恋愛初心者が最速でモテるようになるには 当たり前ですが出会いを増やすことが肝心です。 女友達の数が増えていけば、 女と連絡を取り合うのが日常になるため 簡単に女慣れできる、 というのが理由です。 でも中には 「好きな女がいてそのコと付き合いたい。 だから他の女は必要ない。」 こういう方もいるかもしれません。 しかし、この考え方はあまりオススメしません。 例えば、山登りの経験のない男性が エベレストに登頂すると言っても それは明らかに無理なわけで、 それは恋愛にも同じことがいえます。 ただでさえ好きな女というのは 意識しすぎるほどに意識しすぎてしまうものです。 そしてこういった状態で 女に慣れしていない場合は 現実的に成功確率は低くなってしまいます。 したがって 好きな女を落としたければ まずは女慣れすることが必要である ということを忘れないで覚えておいて 頂きたいとおもいます。 ■ さて、SNSや合コンなどをして 出会いを増やしていく場合のポイントを お話したいとおもいます。 俺も今ではこうやって恋愛のレポートなどを 書いてはいますが 昔は全くモテない時期というのが存在しました。 その頃の自分を振り返ると とにかく彼女を作りたい一心で マメに出会いを増やしていましたが 一向に結果が出ない時期がしばらく続いていまして 何か悶々としながら暗い時期を送っていました(笑 で、会話スキルが足りないとか 攻める必要のあるときに攻めていなかったり、 変にやさしくしすぎていたり、 まあいろいろ個別の理由はあったわけですが、 ある日、 自分のレベルに合っていないことばかりをやっている という根本的な原因に気づきます。 この発見は今思い返してみてもとても重要で この考え方に気づけたからこそ 今モテるのだと思っています。 例えば、彼女ができない、彼女を作ったことがない こういった状態で、 すぐに彼女を作る、 ということを目標に設定するのは じつは論理の飛躍なんですね。 目標設定が高すぎると 基本的に負ける毎日が生成されてしまいがちで、 自分をポジティブに捉えることが…

出逢いを増やす事が大事詳細ボタン


亀裂を入れない為に

亀裂を入れない為にの評価・口コミ

大切な女性と、亀裂が入らないために必要な事。 という話をします。 大切な女性との関係が上手く行かない。 それは、多くの男性が抱える悩みの 一つなのですが。 一つのキーワードとしいて、 「流せなくなる。」 というものがあります。 例えば、関係性が薄い人が、 土台無理だろ。 と感じるような事を言っても 「そうですかー。」 といって、鬼のように流す事ができます。 お互いに、距離感がある場合は その人が話をしている事を 「他人事」 として聞くことができるのです。 だから、その人が発言した事は。 「ただの発言」 として、受け止める事ができるわけで。 そのために、そこには、摩擦は 起きませんし、逆に、そういった距離が ある人間の方が、上手くやっていきやすい と思う人も多いわけです。 距離が縮む事で、ぶつかってしまう 事が多くて、そのために、親密な関係に なる事が苦手と思う人もいて。 問題は、大切な女性だ。 この人の事を考えたい。 そう思える相手になると、その人の 発言を流せなくなる事にあるわけです。 例えば、女性が 「私、自分で会社始める。 そして、年収2000万円稼げる セレブになるの。」 いや。 待てよ。お前・・・。 と、ほとんどの男性がなってしまうわけです。 これが、飲み会で、会った女性で この言葉を言ったとしても。 「そうなんだ。 どういった仕事をやりたいと、思ってるの?」 みたいに、サラッと聞けるのです。 大切な女性だと、そうは言って あげられなくなります。 ほとんどの男性は。 そこで、 「お前な。そんな事、無理だろ? そもそも、何やるのさ。 特殊な資格とかあるわけじゃないし。 そもそも、お前、バカじゃん。」 みたいになれば。 そこからケンカです。 激しく、女性は、気分を損ねます。 確かに、男性側の言う通りで…

亀裂を入れない為に詳細ボタン


初デート

初デートの評価・口コミ

あなたは女性との初デートで、 どんなところに行きますか? 実は、初デートの場所選びで、 絶対に選びたい場所があります。 多くの人は、 この場所を選ばないがために、 初デートがうまくいかず、 2度目のデートができなくなってしまいます。 初デートだけでなく、 合コンなどでも狙った女性と仲良くなるために、 意識すればすぐにできる、 簡単なテクニックがあるのです。

初デート詳細ボタン


負けている箇所

負けている箇所の評価・口コミ

今日は、練習してる時、相当、大きな壁を感じました。 「○○の箇所が負けている」と 負けてる個所を自覚できるのであれば、 たいした負けではないです。 ですが、 「どこが負けてる箇所なのか、分からない。。。」 負けてることは確かだけど、 負けてる箇所が分からないという状態は、 想像以上に、差があるということです。 こんな気持ちにさせられましたー(TT) 同じように、 「アイツは、この部分で、モテてるよなー」 は、たいした負けじゃないですが、 自分よりモテる奴を見て、 「なぜ、アイツがモテるか分からない・・・」 と、負けてる箇所が分からない時は、 要注意です。 たいてい、負けてるのに、 負けてる箇所が分からないような時は、 1?100まで、 とりあえず全てが負けてる時だからこそ、 言葉に出来なかったりします。 悔しいけど、悔しさをバネにして、 僕は、全てにおいて、 もう一度、基礎から頑張ります! 悔しかったですが、 モチベーションは恐ろしく上がりました^^ 同じ人間がしてることですから、 僕にも出来ないはずがありません。 同じことが出来るまで ものすごい努力してやります。 壁は大きいほうが楽しく、壊しがいがあります♪

負けている箇所詳細ボタン


信頼を勝ち取る

信頼を勝ち取るの評価・口コミ

今回は女性社員の信頼を アッというまに勝ち取る方法を伝授いたします。 ■ 女性のコミュニケーション能力 さて基本的に職場という環境は 様々な人間関係が日々流動しています。 そして人間関係を円滑にするには 建前は不可欠になります。 まあこれは当たり前ですが この建前についての考え方を変えることにより 女性社員の信頼を得ることが出来ます。 具体的な方法に入る前に、 女性の恋愛感情について少し述べたいと思います。 これを理解しておかないと これから述べるテクニックを効果的に利用できませんので ぜひ読んでほしいとおもいます。 基本的に女性は男性と比べて コミュニケーション能力に長けているので 男性の想像以上に 他人の本音とウソを察知します。 軽い気持ちでついたウソでも 女性が相手の場合は大抵見抜かれていると思って 良いでしょう。 そして今回ご紹介する方法は 女性のそういった特性を逆手に取り 信頼を勝取ってしまう方法になります。 ■共通項だけで恋愛感情を刺激できるのか? 先程も申し上げました通り 職場では建前が基本となる コミュニケーションが主に展開されます。 それは仕事という特性を考慮した場合 決して間違った基準ではないのですが 当たり障りのないコミュニケーションは 目立った衝突がないかわりに、 一歩踏み込んだ、深い人間関係を構築することができません。 例えば相手の話をよく聞く、 共通項を会話の中に織り交ぜる 相手に同意する、 などの市販の恋愛本に載っているテクニックは ほとんどが表層的な方法です。 これらの方法はすぐに誰にでもできます。 そのため使い古されたテクニックというか、 皆その仕掛けを知りながら利用しているわけです。 形としての関係、形としての信頼を得ることは可能でしょうが それらは結局のところインスタントです。 インスタントでは相手の深いところを揺さぶることはできません。 いわばローリスク・ローリターンな法則なのです。 しかし、このインスタントが主流となっているからこそ これからお伝えするテクニックが活きてきます。

信頼を勝ち取る詳細ボタン


完璧はダメ

完璧はダメの評価・口コミ

■人は完璧を前にすると冷たさを感じる 円滑なコミュニケーションといった言い方がありますが、 話している相手に全く隙がない場合 あなたはどう感じますか? そのコミュニケーションのうまさに感動しますか? ほとんどの方はそれと同時に、 何がしか近寄りがたい雰囲気を感じるはずです。 人は自分に心を閉ざしている他人に対して 自らを開示しようなどとは思いません。 逆説的ですが、 形としてのコミュニケーションがうまくなればなるほど 容易に他人から信頼されなくなります。 では逆のケースとして、 口下手だけど努力して話そうとしている人がいたら どう思いますか? ほとんどの方が好意を持つはずです。 コミュニケーションにおける会話テクニックなど ほとんど持ち合わせていなくとも 真摯な姿勢が滲み出るからです。 そして これこそが今回お話ししたかったツボになります。 ■自己開示の法則 意外に聞こえるかもしれませんが 人は完璧なものに愛情という温度を持ちません。 逆に対象が不完全であるほど 好意を持つようにできています。 先程も申しましたとおり 会社組織は建前で成り立っています。 それは組織を継続させるための 完璧な方法論ですか、 そのため温度がないインスタントな世界になります。 しかしここでわざと温度を作ったらどうなるでしょうか。 意識的に本音を利用し 不完全な状況を作り出してみるのです。 そこで効果的なのが失敗談をネタにした会話です。 建前というかっこつけを排除し わざと自分の失敗談を語ったり 弱音をさらけ出すのです。 そうすることにより それを聞いた相手が感じることが2つあります。 ・自分に心を開いてくれた ・カッコつけない気さくな人だ 恋愛で女を落とすには、 女の心を開かせる必要があります。 これは攻めようによっては とても頑丈な扉です。 特に女の話ばかりを聞いてあげている いつも女を褒めることにしている 以上のような行動を取る男性には なかなかその扉を開けることができません。 何故かというと 心を開いてこない相手に 自分から進んで心を開こうなどとは思わないからです。 しかし自分のキャラを伝えることがうまい男性は 簡単に女の心を開かせることができます。…

完璧はダメ詳細ボタン


1 / 612345...最後 »

この投稿のトラックバックURL:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*


è