ナンパ誌のメルマガ| 出会い系おすすめ

ナンパ誌のメルマガ

ナンパというと、やったことがない方の多くは、

「本当にうまくいくのか?」

と思うものですよね。

今日は、あるナンパ師さんの話しをします。

この方は、私より年上の方なんですが、

「生まれて始めての声かけで、かわいい子を即ゲットした」

という経験をお持ちです。

即ゲット、つまり声をかけたその日にエッチまでいくことですね。

生まれて始めての声かけで即ゲット、というのは、私は他にあまり聞いたことがないです。

その体験談が印象深くて、私はよく覚えているんですが、

飲み会か何かの帰りに、公園でかわいい子を見かけたそうなんです。

けっこうかわいい子で、待ち合わせには見えない。

「かわいいな、声かけてみようかな、どうしようかな・・・」

と迷いながら、公園のまわりをウロウロと何周も歩いたそうなんです。

迷ったあげく、意を決して声をかけたそうです。

その声かけの言葉は、

「あのー、ちょっとすいません」

という第一声だったそうです。

だいぶ、平凡な声かけですよね(笑)

でも、そのままその子とうまくいって、

カラオケ ⇒ ホテル

というコースで即ゲットをしたそうです。

しかも、その子は、男性経験がゼロだったそうなんですよね。

ここまで運がいい人もめずらしいな、と思って、私は印象に残りました。

それ以来、この方はすっかりナンパにハマってしまい、

たくさんの子をゲットして、彼女もつくっていました。

まあ、これはちょっと特殊なケースです。

「生まれて始めての声かけで、かわいい子を即ゲット」

というのは、正直、そんなにあることではないです。

なかなかめずらしい、ラッキーなことですよね。

それよりもこの話しでお伝えしたいのは、

「声をかけるか、かけないかの違いは大きい」

っていうことなんですね。

公園でヒマそうにしてる子を見つけたとして、声をかけますか?

声をかけないのが、普通ですよね。

「声かけても、そんなうまくいかないだろう」

「なんていって声かけていいかわからないし」

というような理由で、声をかけずに見すごしますよね。

それはまったく普通のことです。

ただ、実はそれがチャンスだったかもしれないんですよね。

もし、

「なんて言っていいかわからないけど、とりあえず声かけてみるか」

という行動にでたら、嬉しい驚きがあるかもしれません。

合コンに行ったり、出会いのパーティーに行ったりするのも、とても前向きなことですが、

実は身近なところで、繰り返し出会いのチャンスが訪れているんです。

声かけができるようになってくると、合コンとかクラブとか、行かなくなってくるんですよ(笑)

普通にナンパをしたほうが、速くて効率がいい出会いの方法だからですね。

彼女をつくる方法としても、優れています。

若くて好みの子を、最初から目で見て選べるからですね。

「ちゃんと準備しておいて、いいなと感じた子に声をかける」

というこの習慣ができれば、

女の子をゲットして彼女にするのに、もう半分以上は進んだ、

と言ってもいいすぎではないと私は考えています。

声をかけるのは出発点、というのは、あまり正確な表現ではないです。

もっと正確に言うと、

「安定して声をかけれるようになったら、もう半分は来た。あとは単に時間の問題」

ということです。実際、私はそう思います。

何度もいっていることですが、外見や年齢は、多くの方が思うほど関係ないです。

無理のないペースで、声をかけて、出会いにチャレンジしていきましょう!

è