ホテルに誘う時のコツ| 出会い系おすすめ

ホテルに誘う時のコツ

「主導権をとる」

ということについてお伝えしていきますね。

効果的なテクニックがあります。

それはですね、

「ひとつひとつ、女の子に確認しなくてもいい」

ということです。

言いかえると、

「OKという前提で、とりあえず進めてみる」

というテクニックですね。

一番わかりやすいのは、たとえばホテルに入るときですね。

このときに、

「これからホテルにいくけど、大丈夫?」

と女の子に聞いたとしましょう。

これって、どうでしょう?

もし女の子が、

「えー・・・」

と迷う素振りを見せたとしたら、どう考えますか?

「あ、嫌だと思う気持ちがあるんだな。ダメだったか・・・」

と思って引いてしまう、というのが、すごくありがちなパターンです。

でも、そうでしょうか?

こういう考え方はどうですか?

「お、迷ってるっていうことは、OKだと思う気持ちもあるんだな。

じゃあ、不安を取り除くようにしてもうひと押ししてみよう」

こっちのほうが、前向きですし、多くの場合、女の子が求めてることでもあります。

もうひと押ししてみて、それで女の子がノーとはっきり言うなら、それはもちろん、あきらめます。

で、お伝えしたいのは、そもそも、

「これからホテルにいくけど、大丈夫?」

と聞く必要はあったんでしょうか?

それよりも、

男「ホテル入るけど、いいよね?」

女「えー、入るの?」

男「嫌ならホントに何もしないから!とりあえず入ろう」

という言い方のほうが、良かった気がしませんか?

当然、もし女の子が嫌そうな素振りをみせたら、無理に押すことはしません。

もっと言うと、何も言わずに当然のようにホテルに入る、

というのは、実はけっこういい持っていき方なんですよ。

女の子がついてきたら、それはOKということですし、

そうでなければ、ノーということです。

特にゲットするのが近くなるほど、確認せずに進めていくのが効果的です。

「手つないでいい?」

「髪の毛さわっていい?」

「抱き寄せていい?」

「キスしていい?」

と、いちいち確認するのは、基本的にオススメしません。

ちょっと不自然ですよね。

確認せず、当然のように進めていって、女の子の反応を見て対応する。

これは、シンプルですけど、いいテクニックですよ。主導権もばっちり取れています。

一応補足すると、無理矢理強引にいく、ということではないんですよ。決して。

むしろ、女の子に自由にノーと言ってほしいんです。

ノーと言われたら、それはそれで仕方ない、

という気楽さがあるから、思い切り良く進めることができます。

そして、女の子がノーと言ったら、それはそれでいいんです。

そこからさらに話していけます。

なぜ、確認せずに進めていくのがいいのか、理由があります。

よく言われる女性心理で、

「言い訳を求める」

というのがありますよね。

これはホントにその通りだな、と感じます。

「ホテル入るけど、いい?」

って聞くと、女の子にまかせてしまってますよね。

そうなると、女の子としては、

「いいよ」とは言いづらい部分があります。

言い訳の余地がなくなるからですね。

それよりも、

「なんとなく流れでホテルに入った」

という展開にしてあげたほうが、女の子としては気楽です。

・・・ちょっとわかりにくいですかね?(笑)

なかなか、文章では伝えきれないところもありますが・・・

ぜひ、一度は試してみてください。

あっさりスムーズに女の子をゲットできて、それで何の問題もない、

というのを、体験できるはずです。

特に、男女関係にわりとオープンな女の子に対しては、

「OKだと思って当然のように進める」

というのは効果的です。

もちろん、女の子がノーといったら、強くは押しません。

「自由にノーと言っていいよ」

という気楽さを持って、女の子をリードしていきましょう。

私が20代のころはイククルを使って、出会いまくっていました。

イククル公式サイトはこちら

はい、今日お伝えしたいことは以上です。

è