奥手の彼と私を結びつけた赤い糸| 出会い系おすすめ

奥手の彼と私を結びつけた赤い糸

20歳彼氏いない歴=年齢…。学生の頃は勉強と部活ばかりで、恋愛とは全く縁のなかった私。ようやく念願の大学に合格したものの、ハードなレポート提出に耐えられずうつ病に。結果、2年足らずで中退してしまい、お先真っ暗でした。その上妹を事故で亡くし、もともと不仲だった両親は離婚。「こんな時、彼氏でもいてくれたらいいのになあ。」しかし、そんなに簡単にご縁があるわけではなく、病気のせいで毎日憂うつで、ご飯も喉を通らない日々。いつしかオシャレにも興味が薄れ、もう半分人生を投げ出していました。そんな時にふと目に留まったのが、俗に言う「出会い系サイト」でした。「簡単にこんなところで異性と会うなんて、道から外れてしまうかもしれない。危ない人だったらどうしよう。」そんな不安がよぎりましたが、「もう自分がなくすものなんてない。まずは試しに登録してみよう…。」と、意を決して登録してみました。するとどうでしょう、たくさんの男性から、メッセージのやり取りを希望する通知が毎日のように届きました。世の中にはこういう形で異性とつながる方法があったんだ、と思い知らされました。でも恋愛ほぼ未経験の私。そう簡単には会うことはできません。まずはサイトを通したメールのやり取りから始めました。そのうちに、ある一人の男性と親しくなりました。顔も知らない、出会ってもない、素性も知らない異性に、こんなにも興味を持つとは思いもしませんでした。「この人なら信頼できるかも…。」そう思い、思い切ってデートの約束にオーケーを出しました。初めて出会った彼は、メールの饒舌な文面とは真逆で、とてもシャイでした。聞いたところによると、彼は私の一回り年上で、なんと恋愛経験がほとんどないというのです。「僕はすごく奥手で、女性にどうアプローチしたらいいかわからなくて。5年前にこのサイトで知り合った女性とお付き合いしたのが初めてだったけど、ふられちゃったんだ。」とのこと。確かに彼は口数が少なく、とても消極的でしたが、私も慣れない異性とのデートで緊張していたため、口下手な彼のそばにいると、不思議と安心しました。何度かデートを重ね、お互い気心が知れた頃に交際、そしてプロポーズ!今では私の旦那様です。ご縁なんて、どこに転がっているかわかりません。結婚式の打ち合わせの時も、「実は馴れ初めは出会い系なので…お恥ずかしい話ですが…。」とウエディングプランナーさんに相談した際にも「そんなことはありませんよ。最近は、ネットで出会ってご結婚されているカップルも大勢いらっしゃいますよ。」とのことでした。ピンチをチャンスに変えてくれた、ネットでの出会いに感謝。第一子も授かり、今ではとても幸せな毎日を送っています。

è