完璧はダメ| 出会い系おすすめ

完璧はダメ

■ 人は完璧を前にすると冷たさを感じる

円滑なコミュニケーションといった言い方がありますが、

話している相手に全く隙がない場合

あなたはどう感じますか?

そのコミュニケーションのうまさに感動しますか?

ほとんどの方はそれと同時に、

何がしか近寄りがたい雰囲気を感じるはずです。

人は自分に心を閉ざしている他人に対して
自らを開示しようなどとは思いません。

逆説的ですが、

形としてのコミュニケーションがうまくなればなるほど

容易に他人から信頼されなくなります。

では逆のケースとして、

口下手だけど努力して話そうとしている人がいたら
どう思いますか?

ほとんどの方が好意を持つはずです。

コミュニケーションにおける会話テクニックなど

ほとんど持ち合わせていなくとも

真摯な姿勢が滲み出るからです。

そして

これこそが今回お話ししたかったツボになります。

■ 自己開示の法則

意外に聞こえるかもしれませんが

人は完璧なものに愛情という温度を持ちません。

逆に対象が不完全であるほど
好意を持つようにできています。

先程も申しましたとおり

会社組織は建前で成り立っています。

それは組織を継続させるための

完璧な方法論ですか、

そのため温度がないインスタントな世界になります。

しかしここでわざと温度を作ったらどうなるでしょうか。

意識的に本音を利用し
不完全な状況を作り出してみるのです。

そこで効果的なのが失敗談をネタにした会話です。

建前というかっこつけを排除し

わざと自分の失敗談を語ったり

弱音をさらけ出すのです。

そうすることにより

それを聞いた相手が感じることが2つあります。

・ 自分に心を開いてくれた

・ カッコつけない気さくな人だ

恋愛で女を落とすには、

女の心を開かせる必要があります。

これは攻めようによっては
とても頑丈な扉です。

特に女の話ばかりを聞いてあげている
いつも女を褒めることにしている

以上のような行動を取る男性には

なかなかその扉を開けることができません。

何故かというと

心を開いてこない相手に

自分から進んで心を開こうなどとは思わないからです。

しかし自分のキャラを伝えることがうまい男性は

簡単に女の心を開かせることができます。

これは先程とは逆のパターンで

自分のキャラを伝えるということは
自ら心を開くということであり

心を開いてきた男性に大しては
女性も心を開きやすくなるのです。

さらに会社という非常に建前の重視される環境の中で

自分の失敗談を語るということは

それだけでもかなりギャップが効きます。

こういったさりげない本音を会話に入れることで

女子社員から好感を得ることができるのです。

è