デートを断られた場合| 出会い系おすすめ

デートを断られた場合

好きな女性をデートや食事に誘ってみたけど、断られてしまった。

この後の対応でモテる男性とモテない男性の違いが

はっきり分かれます。

モテる男性は後日にデートが出来ますが、

モテない男性はそのあと女性との関係が悪化したり、

最悪避けられるようになります。

この違いは何なのでしょうか?

女性に避けられてしまう男性の共通点として、

女性がデートに応じてくれるまで粘るということがあります。

モテない男性は女性が断った理由を

勘違いしがちなんです。

女性がはっきり断ってくれたらその勘違いもないかもしれません。

例えば、

「私は今後あなたとデートなんて一生しないです!」

くらいはっきり断ってくれれば、さすがのモテない男性も

勘違いする事はないでしょう。

でもそこまでひどい断り方をする女性ってほぼいませんよね。

特に職場が同じ、友達の友達など

今後も顔を合わせるような環境にあれば、

尚更、相手を傷つけないような言い方で言葉を選んで断ってきます。

これをモテない男性は、

「まだチャンスがある!」

と完全に勘違いしてしまうわけです。

「その日はちょっと難しい」

と言われると、本当にその日はちょっと難しいと勘違いして

「じゃあいつなら大丈夫?」

とか

「来週はどう?」

とかゴリ押ししてしまうわけです。

最終的に相手からは

「また予定が空いたら連絡しますね」

と流される事は間違いありません。

粘ってしまった事で相手からしてみれば

(面倒くさいやつ)

という風になってしまいますし、今後避けられてしまうでしょう。

もし相手が好意を持ってくれていて、本当にその日が無理なのであれば、

「その日は無理なんですけど、この日はどうですか?」

とか他の日を提示してくるはずです。

女性だって好意を持ってくれているなら、

出来ればデートに行きたいと思っているわけですよね?

そのチャンスを逃したくないと思っているはずです。

断ってしまう事で今後、誘ってもらえるかの保証もないわけですから。

逆にその他の日を提示してくれないのは、

(別に今後誘われなくても構わない)

という気持ちの表れです。

という事はその段階でデートに行きたくないという事です。

ただ相手は一生、デートをしないと言っているわけではありません。

この誘った段階では無理ということです。

だからその段階では粘らずに素直に引きさがる事が大切です。

無理やりに

「わかりました、行きます」

と言わせたところで何の意味もありません。

一番大切な事は今後またデートに誘える環境を守ることです。

ですがモテない男性は、その環境をぶち壊してしまうわけです。

今後のチャンスもみすみす潰してしまうわけですね。

ですので、デートに誘って相手から断られたら、

即刻引きさがりましょう。

相手も行きたいと思ってくれているのなら、

こちらから粘って誘わなくても、誘ってくれるはずです。

相手を怒らせてしまったり、機嫌を損ねさせてしまったら、

今後のデートは一生ないと思って間違いありません。

デートに誘えるテクニックが付いたら、ぜひ女の子が多い、イククルとかで試して見てください。

イククル公式サイトはこちら

メールが出来たら5人に一人とは出会う事が出来るはずです。

è