好意を示す| 出会い系おすすめ

好意を示す

女性に好意を示せば、相手も好意を示してくれる。

確かにこれは間違いではありません。

ただモテる男性と、モテない男性では好意を示しても違う結果になります。

どうして違う結果になるのか。

それは、モテる男性とモテない男性の好意を示すタイミングによるものが大きいです。

モテない男性は

「好意を伝えると自分の事を好きになってくれるのではないか」

と淡い期待を抱き、それをすぐに伝えようとします。

ところが、女性に好意を持ってもらえるどころか、

逆に距離を置かれるようになる事がほとんどです。

モテる男性は、恋愛対象に見られてから、好意を示すのです。

モテない男性は、相手からどう思われているかということを考えずに

好きな気持ちを抑えきれなくなり、好意を示します。

女性の都合は無視で、自分の欲求を最優先する事が非常に多いです。

女性はこの段階では準備は何もできていないわけです。

キャッチボールで例えるなら、

普通はお互いグローブをはめ、準備が整ったところで始めます。

準備が整ってない状態で、いきなりボールを投げられても困りますよね?

モテない男性はこれをしているのと同じなわけです。

グローブもはめていないのに、いきなり剛速球のボールを投げつけたわけです。

当然相手は取る事は出来ません。

つまりは

「そういう風に見られているとは思わなかった」

という答えが返ってくるわけです。

モテる男性はきちんと相手が準備が出来るのを待つわけです。

グローブをはめたところでボールを投げるのです。

それにより、相手も受け取ってくれるということです。

モテる男性は女性に恋愛対象外に見られている時は、

好意を示しません。

女性に恋愛対象に見られていることがわかってから好意を示す。

だから、受け取ってもらうことができるわけです。

相手に好意を示すときは自分の欲求を満たすだけではなく、

相手の準備が整っているかをなにより大切にする事が必要です

è