女性の好意を頂かせる| 出会い系おすすめ

女性の好意を頂かせる

女が好意を持つ男性像として
よくあるアンケートを見ると

女の話を聞いてくれる
女にやさしくしてくれる
たくさん褒めてくれる

などとまるでイイ人であればモテるかのような
結果があります。

しかし現実的にイイ人がモテるかというと
それは全くの逆で、
むしろイイ人になればなるほど
女は離れていくという展開になります。

一方、どこからどう見ても
イイ人などではないのに、

なぜかモテてしまう男もいる、
という事実もあります。

この差は何なのか?

詳しく述べて活きたいと思います。

■ 

例えばデートに誘い、女が断った場合、
それに対してどうリアクションするかで、
その後の展開が全く違ったものになります。

まさにこういう場面でイイ人とモテる男では
決定的に差が出るのです。

例えば、イイ人の場合は、女に断られたときに、

「そうなんだ。うんうん、全然いいよ?。」

などという返しをしがちですが
これは完全にNGです。

全然いいよ?。と言ってる時点で
過剰な反応は基本的にウソを連想させるため
全然良くない、という本音が透けて見えてしまいます。

一方、モテる男の場合は、

「は?なんだよ、ヒマじゃねえのかよ。」

というように後手に周らず
正直に自分の感情を出します。

一見不思議に思われるかもしれませんが
これが正解です。

そしてモテる男の場合は
一度断られても、またどんどん誘いに出ます。

このズケズケ踏み込むやり方というか

何回断られても
まるで何事もなかったように
また誘いに行く、

まさにこういったところに
女はその男の強さを感じるのです。

もちろん女の好意を高めるためには

女を喜ばせたり
女の気持ちに沿うことも必要です。

しかし本当に大切なのは、

やさしさが必要なときなのかどうか、

それを見極める、ということです。

見極める、といっても
それはたいして難しいことではなく

女がやさしさを欲しているとき、
そういうタイミングのみ
やさしくする、ということです。

しかしいつでもどこでもやさしくしたり

やさしさが必要でないときに
過度にやさしくすると

関係が決定的に不自然になります。

例えば先ほどの例で言うと

女側は、男のデートの誘いを断る、という
明らかに相手にとって悪いことをしている
構図があるわけですから

多少非難されてもそれは現実的なわけです。

結果男の非難は自然な言動なので
女は大して抵抗を感じません。

しかしイイ人の場合は
こういった図式をまるで無視した
リアクションになるわけです。

ぜんぜんいいよ?。なんていったって
全然いいわけがない状態です。

こういった部分に女は不自然を感じ
結果的に好意を持たれないことになります。

また、もうひとつ大切なことがあります。

女に惚れさせるために決定的に重要なのが
男が主導権を握らなければならないということです。

女に舐められていたり、
下に見られているような状態では
恋愛感情を持ってもらうことは非常に難しいのです。

前章で述べたイイ人のリアクションというのは
女に媚びてる感が強く出ています。

誰も自分に媚びる人間を尊敬したり
価値を持ったりなどはしません。

媚びている時点で
女をリードすることはできないので、
結果的に女に好意を持たれる事はないのです。

逆に

女が何度断ってもへこたれず
何事もなかったかのようにまた誘ってくる

こういう男の姿勢は完全に魅力になります。

関係性を主体的に作ろうとすることが
まさに主導権を握ることであり、
女はそこに強さを感じるわけです。

したがって、デートに断られるというのは
一見マイナスに思えますが、

断られた後に再度誘うことで
男の強さを的確にアピールできるという
強烈なメリットがあるのです。

è